ウェディングプランナーは、こんなお仕事をしています。

 

結婚式のプロデュースをしています。
「プロデュース」と言われても、具体的なイメージがつきづらいかもしれませんね。
 
結婚式には必要なアイテムがたくさんあります。
会場やお料理、ウェディングケーキや衣裳、引出物などのアイテムはもちろん
写真や映像のカメラマン、フローリスト、ヘアメイクなどのプロの協力も不可欠です。
たくさんの選択肢がある中で、2人の結婚式にはどんなスタイルが適しているのか、
その為に必要なものは何かをトータルで考え、アドバイスや手配をし、
結婚式当日まで2人と一緒に歩んでいくのがウェディングプランナーです。
 
結婚式当日は、会場装飾や手配物などが間違いなく用意されているか、
タイムスケジュールは問題なく進んでいるか、
空間、時間、スタッフ、ゲスト、新郎新婦・・・その全てに目を配ります。
 
新郎新婦にとっては、一番近い頼れる存在。
だからこそ、相性はとても大切です。
結婚式当日はもちろん、準備期間も安心して過ごすためには、
「この人となら!」という運命のウェディングプランナーに出会いたいですね。

2種類ある「ウェディングプランナー」の存在

2種類ある
「ウェディングプランナー」の存在

会場プランナー

 
日本では、多くのウェディングプランナーが会場に所属しています。結婚式場やホテルなどのスタッフとして存在し、その会場にご来館したお客様にご案内や手続きを行ないます。会場によって様々ですが、新規のお客様へのご案内(会場見学からご契約まで)、ご契約になったお客様の担当(ご契約後から結婚式前日まで)、結婚式当日の担当(結婚式のディレクション)と、役割が分かれているところもあります。(分業制か担当者一貫制かは、会場によって異なります)結婚式の準備に関しては、会場の提携先のアイテムなどをご紹介し、結婚式に必要なものを準備していきます。提携先のアイテム以外のものは、自由に持ち込めるもの、完全に持ち込みが禁止されているもの、持ち込み料として料金をお支払いいただく条件で持ち込み可能になるものがあります。

フリーランス
ウェディングプランナー

会場に所属していないウェディングプランナーです。会社組織ではなく、個人として活動していることがほとんどで、元々は会場プランナーとして経験を積んだ後、独立しています。担当したお客様からのご紹介や口コミ、ホームページなどからお問合せいただいたカップルと実際にお会いして、お話を伺って、信頼関係を築いた後、プロデュース契約を結びます。お客様の希望や、これまでの経験を基に、2人に適した会場選びから準備を始めます。ご紹介する会場は、持ち込みなどが自由に行える会場がほとんどです。また、結婚式場ではない場所でのプロデュースも行ないます。思い出の場所や、美味しいレストラン、ビーチや山など、そのロケーションは様々です。結婚式までの役割は、会場プランナーと同じように、必要なアイテムをご提案し手配を進めていきますが、大きな違いは「持ち込み不可などのルールが無い」ということ。つまり、お客様にとってベストな選択が可能ということです。会社の決まりや制約の中で、動きにくいということが無いので、お客様の為に「良い」と思ったことを中立的な立場でアドバイス出来、タイムラグなく実行に移せます。結婚式の当日も、責任者として立ち会います。「はじめまして」から「おひらき」まで、一貫して責任を持って対応することが基本です。