生チョコから妄想したルーツ

2017年04月22日
お客様からいただいたチョコレート。
美味しかったのはもちろんだけど、そこに見え隠れするルーツに興味を持ちました。

ウェディングの仕事というのは、いつだって季節を越えていて
ようやく暖かさが安定した気候を感じながら
寒くなり始めた頃や
もう1度暖かくなり始めた頃を想像しながら、打合せをする日々です。



「時間」はいつも、過ぎ去ったあとに実感することが多くて
きっとこの【結婚準備期間】という、日常の中の「非日常」である数ヶ月間も
過ぎてみて初めて噛みしめることになるんだろうと
あぁでもない、こうでもないと、自分たちの結婚式に一生懸命向き合う新郎新婦を応援しています。












先日、新規でサロンにお越しいただいたお客様からお菓子をいただきました。
初めてお会いするのに、私が異常なまでのチョコ好きだとお見通しだったようなチョイス。
ドンピシャで好みの味の、生チョコでした。




あまりに美味しかったのでお店を調べると
新婦さんのご自宅の近くのケーキ屋さんでした。
お気に入りのケーキ屋さんなのかな、とか
今までにも色んな人にお菓子を贈ったり、
イベントのときにはケーキを買いに行ったりしたのかな、とか
そんな妄想をしているうちに、あっという間に間食してしまいました。笑





「ルーツをたどる」という立派な(?)理由の元
あの生チョコを買いに行っちゃおうかなーーー*