2人を幸せにできる視点

2017年04月26日

最近、発見しました。

「好き」の理由と「嫌い」の理由は、どうやら同じようです。

結婚式のプロデュースという仕事は、時として、お2人の人生に片足を突っ込むような出来事があります。
それは例えば、家族のことだったり、今までの歴史だったり。



他にも、突如訪れる「相手への不満の爆発」だったり。



マリッジブルーという言葉が一般的に浸透しているように
結婚前は、ナーバスになりやすいときです。
それがいろんなカタチで表に出てきて、その1つが「相手への不満の爆発」。





私、たくさんのカップルと向き合ってきて、1つ気付いたことがあります。
それは「好き」の理由と「嫌い」の理由は、いつも同じということ。



「優しいから好き」と言っていたのに、後々「頼りなくてイヤ」と言う。
「男らしくて好き」と言っていたのに、後々「俺様すぎてイヤ」と言う。
(女性目線で言うと)「彼が変わった」と言うけど、彼は何も変わってないんですよね。
同じ側面をどう見るか、その見方が変わっただけです。




これはきっと男性目線としても同じなんだろうけど、
女性の方がいろんな角度から物事を見る才能があるというか、多角的視点を持っています。
だからもしかしたら、マリッジブルーは比較的女性に多いのかもしれませんね。




「見方」というのは、自分次第。
【白】という色を「何も無くてつまらない」と捉えるのか、「まっさらな美しさ」と捉えるのか
それはもう、自分次第です。




結婚準備期間って、今までは向き合わなくても良かったいろんなことに向き合う時。
戸惑いや苛立ちを感じることもあるかもしれないけど
「2人を幸せにできる視点」を2人で持てるような、そんな「練習」の時間だと捉えるのも
いいかもしれませんね*