大橋さんの考える、結婚式の意義って何ですか?

2017年05月25日
ウェディングプランナーに投げかける質問としては、ピカイチ。

「結婚式の意義について、大橋さんはどう考えますか?」



もっと柔らかな言葉選びだったと思うけど、先日、新規でサロンにお越しになったお客様に質問されました。




これ、とっても素敵な質問ですよね。
自分たちの結婚式を、心から真剣に考えているからこその質問。
自分たちの結婚式において、ウェディングプランナーの重要性を理解しているからこその質問です。





「意義」と「意味」はよく似ているようで、ちょっと違うんですよね。
改めて調べてみました。
「意義」とは、物事が持つ価値や必要性。
「意味」とは、言葉や記号などが表す内容。




英語表現で比べっこするなら、
「意義」はwhy
「意味」はwhat
というところ。




「結婚式の意義は何か?」ということは、
「結婚式にはどんな価値があるの?」とか「どうして結婚式をするの?」とか
そんなところでしょうか。




以下は、先日質問されたときにお答えした、私の考えです。



*********************************

結婚式は「夫婦の根っこ作り」だと思っています。
これから始まる2人の人生において、2人の絆が深く広く根付くための、根幹作りのような。


「良い結婚式」をつくりたいと思ったら、2人がお互いに何を考えているのかを知る必要があります。
あぁ、こんなところにこだわるんだな、とか
こういうのが好きなんだなとか
こういう場面で、こんな考え方をするんだな、とか。


それはもしかしたら今までスルーしてきた部分かもしれないし
今まで以上に深堀する部分かもしれない。
今まで知らなかった「お互い」にいっぱい出会って、これから共に生きていくパートナーをいっぱい理解して欲しいのです。



だからこそ「なんとなく」で結婚式をつくって欲しくはないんです。
こんなチャンス、次いつ来るか分からないんだから。
それが「どんな結婚式だったのか」というのは、あくまで結果。
それよりも重要なのは、そこまでの過程です。



そんな過程を経て創り上げた結婚式が、心が込められていないはずがない。
その心は、ゲストにも必ず伝わります。
そのゲストには、2人の応援団になって欲しい。
2人が幸せになることを、心から応援してくれる応援団になって欲しい。
このことも、「夫婦の根っこ作り」の1部です。
大切な人に応援されて、人の温かさを知って生きていける夫婦として
長く幸せな結婚生活を送っていく、その始まりの日が「結婚式」だと考えています。

************************************


文章にすると、多少言葉が変わってしまうところがあるかもしれませんね。
でも、改めてまとめてみると、こんな感じです。
(こないだの返事の部分、録音しておけば良かったな。笑)




結婚式のカタチは様々です。
でも私が「こんな結婚式って素敵だよね!」と、「見た目」のこだわりを前面に出さないのは
それはあくまでも「結果」だと思っているからです。



結果、そのカップルはそうなった。というだけ。
流行りを追っても追わなくても、
派手でもシンプルでも
目新しくてもベーシックでも
そんなことは、あくまで「結果」。
「それありき」で始まるものではないと思うのです。




「あなたにとって、結婚式の意義って何ですか?」
この質問は、私から新郎新婦にはなかなかしません。
急にそんなこと聞かれても困りますよね。笑
それは、この後、ゆっくり見つけて、感じて欲しいなと思っています。



でも、ウェディングプランナーに投げかける質問としてはピカイチですね。