会場見学で、何を質問したらいいか分からない。

2017年07月03日
「さぁ、何でもご質問を!」って言われても、
「分からないことが分からない」ってのが本音ですよね。

昨日は、来年春の婚礼のお客様と一緒に、候補に挙がっている会場へ見学に行きました。
向かったのは、豊田市にある花遊庭さん。
広大な敷地に広がるお庭がとっても素敵なゲストハウスです。



少しだけ雨がパラついていて、ほんのり濡れた緑もまたキレイでした。










会場見学って、会場の施設を見るだけじゃないんですよね。
2人の希望を叶えられる用意があるかどうか。
対応体制があるかどうか。
だから、「質問」がとっても大切です。
ここをミスると、「聞いてなかった」「知らなかった」って、後々トラブルになることもあるんです。




こういったトラブルって、新郎新婦にとってもマイナスだし、会場側にとっても困る。
「どうして最初に教えてくれなかったの?」が本音だけど、会場さんも質問されていないことを
どこまで答えていいのか分からないって本音もあるだろうし。




だから、全体を広く見る視点を持った「プロ」と一緒に行くことは
とても効果的だなと痛感します。
もし私が今結婚式を挙げる立場なら、迷わずそうします。




「圧倒的なプロをそばに置く」って言っても、信頼関係が何より大切だから
その場のノリとかじゃなくて、じっくり判断する慎重さもある程度必要だなと思ったり。






で、昨日の会場見学。
お2人が説明しづらいことは、私が代わって質問したり説明したり。
でも、あくまで「お2人のための」会場見学だから、必要のないときは出来るだけ気配を消したり。笑




「大橋さんとお2人は、元々お知り合いなんですか?」と
会場スタッフさんに聞かれることがよくあるけど(昨日も)
多くの場合が、ホームページからのお問合せです。
「元々、お知り合い」って勘違いされるほど、違和感なく(?)お2人の溶け込むことが私の特技です。笑
そんな風に、私も心地良い関係性を作ってくださる新郎新婦の皆さんって、本当にすごい。
改めて考えたら、すーーーっごい嬉しい。
「相性」なんて言葉で表現するのは、薄っぺらいのかな。