アウトドアウェディング

2017年07月18日
アウトドアウェディングに興味がある方へ。

アウトドアウェディングって、解放感があって素敵ですよね。
私も大好きです。




来年の春のウェディングのお問合せが増えてきて、春は気候もいいし
ご相談の中でアウトドアウェディングが話題に上がることも多いです。




私が今までプロデュースしたアウトドアウェディングは、
ビーチ(正確には、琵琶湖)やサッカー競技場や、山など。
フリーウェディングプランナーって、そういう個性的な結婚式ばかりプロデュースしているようなイメージもあるかもしれませんが
「そういう結婚式もプロデュース出来る」という感じでしょうか。
(柔軟に対応できる)













(↑ゲストと共に、ロープウェイで山頂へ♡楽しかったーー!!!)





アウトドアウェディングのウィークポイントを挙げるとすれば
何と言っても、お天気に左右されるということ。
こればっかりは、コントロール出来ません。
だからこそ、第2、第3の案を常に平行して持っていられるかが重要になります。
そして、どんな状況も楽しめるというメンタルと覚悟と、最後は信頼関係。
「最後」と言いながらも、これがもしかしたら一番大切かも。







施設の整っていない(結婚式用ではない)場所なので、
ゲストのみなさんに不快な思いをさせないことにも、細心の注意を払います。
「新郎新婦」の立場からは見えない部分も含めて。
そんなことも含めて、準備はラクではないですが、めちゃくちゃ楽しいです。
そんな準備も一緒に(私が楽しんでるだけでは成立しない)歩んでいけるのならば
「個性的な結婚式」もまた、本当に素敵です♡






私のこだわりとしては、「個性的」を、ただの「珍しい」で終わらせない部分。
メッセージ性の強い結婚式をプロデュースします。
そしてそのメッセージは、新郎新婦の心の中でくすぶるだけではなく
そこに集まってくださった全員に共有できて初めて「メッセージ」として生きる。とも感じています。
さらに言うならば、そのメッセージは、
10年後の「2人」にもガツンと響くものであるということも重視しています。
この「メッセージ」を、2人の顔とエピソードを思い浮かべながら考える時間が大好きです。





ビックリするほどの暑さの日々の中(今年も名古屋は暑い!!)
陽だまりの中で過ごすウェディングのことを妄想する毎日です。
楽しみ!!

年内のウェディングも、まだ受け付けていますので、
「涼しい」「肌寒い」季節の結婚式をお考えの皆様も、是非一緒にイメージ膨らませましょう!