BBQウェディングリハーサル

2017年11月14日
大自然と美味しいお料理とお酒。
そこに2人の幸せな姿があれば、もう最高。

週末は、春のBBQウェディングのリハーサルをしてきました。
リハーサルと言っても、正確にはお料理の試食(にしては豪華すぎた!!)と
会場の装飾イメージを膨らませて共有する打合せです。






大自然の中で豪快にお肉を焼いて(焼いてもらって)
BBQでこんなに美味しいお料理(繊細!)が食べれるなんて♡
という「当日のゲスト」の体験を、ひと足早く味わってきました。



これ、最高だ!!!
「もう、お任せしておけば間違いないですね」と、
当日のシェフ(表現が難しい!けど、シェフには変わりない!)との
信頼関係もばっちりで、お2人が持ってくてくれたお酒を有難くいただきながらニンマリしました。
あぁぁぁぁ、本当に最高だった!





改めて思うのは、いかに「信頼できるプロ」との出会いが大切かってこと。
お料理
写真
映像
ヘアメイク
衣裳
お花
何を取っても、そこには信頼感がなくては何も始まらなくて
もっと言ってしまえば「こうして」「ああして」は、
共有するカタチが見えるまでのディスカッションとしては必須中の必須だけど
共有した後は「任せておけば間違いない」って思える状況が
新郎新婦にとってもプロにとってもベストなのです。




心配しながら
疑いながらの準備はしんどい。
同じように、心配されながら、疑われながらじゃなくて
ドンと任せてもらえた方が、思う存分力を発揮できるのがプロ。
(だからここだけの話、カメラマンへの細かい指示書なんてのも反対です。
あれは、技術・感性に惚れ込んでいないからこそのものだと思う。
そんなものが必要って思わせてしまった背景にも問題がある)




もっと伸び伸び、安心して準備期間も当日も楽しみ尽くして欲しいなと思います。
切実に。









CANOWのお客様は、基本「伸び伸び」してるけど(笑)
でも、アクション1つや言葉1つの中に
不安や迷いが無いかということには、ものすごく目を光らせています。
放っておいて(気付かずにおいて)解決することなんて1つもなくて
その気付きは、早ければ早い方がいい。
言葉に出来ないモヤモヤもね。




楽しかったです!!
Dさん&Kさん、そして壮大なる「試食」をさせてくださった牧野さん
ありがとうございました!!!!
春がますます楽しみだね*