前撮りをするかしないか悩ましい

2018年01月14日
2人にどれだけ多くの「未来へのギフト」が残せるか
それをとても重要視しています。

今日の朝イチの打合せ。
「すみません、盛大に寝坊したので少し遅れます。」
のメールがちょっと面白かった。笑
申し訳ございません。より好きです。この感じ。
クスっと笑った瞬間、もうOK!ってなりますよね。笑
今日はゆとりあるスケジュールなので、OKです。
ゆとりって、寛容になれるって意味で大切よね。




さて、タイトルの件。
【前撮り。する?しない?】







前撮りは、絶対にする!と最初から決めているパターンと迷っているパターン、だいたい2つです。
絶対にやりたくない!っていうのはあんまり無いかも。
迷っている場合は、迷いの要素を検証します。
それが予算的なものなら、それ以外にかかる予算(結婚式の予算)が見えてきてから考えればいい。
予算じゃなくて「やる意味」に関する迷いなら、自信を持って「やった方がいい」とオススメします。





前撮り(後撮りでもいいんだけど)は、どっちかというと「未来へのギフト」の要素が大きいように思います。
「ゆっくり撮影できる」とか「当日着ない衣裳で撮影できる」とか
もちろんいろんなメリットがあるんだけど
「未来へのギフトを増やす」をいう意味合いがとても大きい。
当日の写真よりシチュエーションの作り込みが出来て、少しアートで
見に来てくださったご家族との写真もしっかり残せて
とても穏やかでにんびりした空気感の中で残せるものは、当日の「それ」とは(全く)違います。






私は「結婚式」(にまつわるものを含めて)を通して、2人にどれだけ多くの「未来へのギフト」が残せるかを
重要視していて、その瞬間だけ楽しくて、はいおしまい、なものにはあまり興味がありません。
そういった意味でも、前撮りはオススメ。
結婚式はしないってカップルは「フォトウェディング」って呼び方になるけど、それはもう、どちらでも。




最近、前撮りをギリギリまで迷っていたカップルも「やっぱりやりたい!」って決めました。
お任せあれ。
最高のメンバーを揃えます♡



***********************
welcome2018 新春プレゼント企画
「知らなかった!」はもったいない!
私たちの結婚式のつくり方
60分無料相談会 先着5組様

詳細はこちらから
***********************