新郎新婦のかわりに

2018年01月17日
誰が伝えれば一番スムーズか。
誰もがストレスにならない方法は必ずあるよね。

演出とかペーパーアイテムとか、新郎新婦のかわりにお問合せしたりやりとりすることがあります。
けっこう頻繁に。
私が窓口になった方がスムーズに進むことが多くて、それは「何を聞けばいいのか分かってる」からなんだけど、3者にとってとてもいいな、と思っています。
新郎新婦:的確な情報を客観的に得られる
依頼先:知りたい情報を確実に得た上で答えられる
私:全てを把握できる



同じ情報を元にしていても、伝える人によって伝わり方が違います。
もっと言えば、「それ」だけ聞いても「もう1つ先のあれ」を聞いておかないと判断できないこともあります。
でも「1つ先のあれ」なんて、新郎新婦が予測して質問するなんて難しいですよね。
だから全部セッティングして(困らない状態にして)バトンタッチするのが一番いいかな。と。
(依頼先によっては、ある程度のところで新郎新婦と直接打合せしたいって言われる場合も)




誰かにとってストレスになる方法なら、誰もがストレスにならない方法っていうのは必ずあって、
もしその方法が無いのなら「ご縁が無い」んだと思っています。
風通しのいい、気持ちいい関わり方がいいですよね。
「大変!」はウェルカムだけど「もう、イヤ!」は勘弁。
それは、みんなね。






そうそう!
今日、スープDELIを食べようと思ったらこんなことになった。



「お湯を入れて15秒かきまぜます。」に従ったら、こんなことになった。
スプーンがおたまになった。
なにこれ。




こうやって混ぜてたら



こうなった。(しつこい)




==========================
welcome2018 新春プレゼント企画
「知らなかった!」はもったいない!
私たちの結婚式のつくり方 60分無料相談会
詳細はこちらから!
==========================