This is me!!

2018年03月17日
「これが私!」って胸を張って生きてる姿ってかっこいい。

木曜日の夜、急に思い立って1人で映画を観に行きました。
21:55~のレイトショーはお客さんもあんまりいなくて、1人映画デビューには最適でした。
(1人で食べるポップコーンSサイズの大きさにビビったけど、あっという間になくなった!笑)




【グレイテストショーマン】
主演のヒュージャックマンの魅力は、海外俳優に疎い私でも十分知ってるし
(かっこいいだけじゃなくて、めちゃくちゃいい人!!)
ミュージカル風の映画ってことに若干抵抗を感じながらも(だって急に歌い出すんだもん)
感想としては「すっごい、良かった!」です。
分かりやすく鳥肌が立つ。なんていうか「よし、私も!」って奮い立つような感じです。





「私」は明らかに「私」であるはずなのに、どこか「他人」を生きているような違和感を感じることがあって
それはきっと、良くない意味で周りの目や評価や立ち位置を意識しているからなのか
「気持ちいい自分」でいることを、まさかの自分が足を引っ張るような。




人ってつくづく「比較」の中で生きてるんだなと思います。
これは「そんな必要はない」って言ったって、実際そうでしょ。
悔しいとか情けないとか「自分への期待」は、相対的なものがパワーになるときだってきっとあるけど
最終的には絶対的なもので判断したいなーー。と。
そんなふうに思っています。




何かと比べることは、時に不必要な「劣等感」を感じることもあって、
きっと人生においてすっごく大切なことは、それが重要であればあるほど「絶対評価」なんだって思ってます。
それは、ウェディングにも当てはまると思う。
「流行り」とか「周り」とか気にしすぎちゃうと、誰の結婚式なのか分からなくなっちゃうよね。



背中を押してもらえるような感動体験をしたい!って人にはオススメです♡
【グレイテストショーマン】
是非、感想シェアしてください!
一緒に、This is me!!!って叫ぼう*
(ポップコーンはMでもいけるよ!笑)