50%

2018年03月25日
結婚式に欠かせないものは、ちょうど50%ずつ。

昔、結婚式はウェディングプランナーがつくるって思ってた時期がありました。
今思えば、なんて幼い考えなんだろうと感じます。
勘違いですね。懺悔。




フリーになってしばらくは、結婚式はゲストがつくると思ってました。
ウェディングプランナー(スタッフ側)はあくまでサポート。
当日の盛り上がりや空気感は、そこに集ったゲストがつくる。
今思うと、過剰な謙遜です。




今。
結婚式に欠かせない要素は、50%ずつで2つあると思っています。
新郎新婦を取り囲むゲストとスタッフ。
2人に関わるこの両方が、結婚式のクオリティを決めます。




ゲストに関しては、イコールこれまでの2人の人生というか背景があってのことで
私の役割は、そこをどれだけ引っ張り出せるかということなんだけど
スタッフに関しては、まだ2人と関わりの浅い(年月的に)たくさんのプロが
どれだけ2人のことを大切に想えるか、そしてどれだけ自分の力を発揮できるかにかかっています。




「どれだけ力を発揮できるか」に関しては、これは100%プランナーの力量だと思っていて
どれだけいい雰囲気をつくれるか
どれだけヤル気になれるか
どれだけリラックスして最大パフォーマンスが出来るか
どれだけ「ホーム感」を感じられるか
です。




結婚式当日の私の最大の役割は、実はそこが一番大きいんですよね。
そう考えると、私、だいぶ成長した。(急に自己評価)
ここは謙遜せずに言わせてもらおうって思ったのは
「CANOWの仕事をすると、現場ってこんなに楽しかったんだって思い出させてくれる」
って言ってくれるパートナーさんたちがいるからです。




スタッフの笑顔で空気は変わる。
そんなことをまた感じさせてくれた、昨日のウェディングでした。
ずっと走り回っていて写真は全然ないけど、またゆっくり浸りたいなーー。
セッティング中にどんどん世界観を作り出していくフローリストさんの様子は撮ったよ!
アトリエみちくささん、とっても素敵な空間を演出してくれてありがとうございました♡












 


次の記事へ