3本の軸

2018年05月06日
結婚って、何か
結婚式って、何か
譲れないことって、何か

理屈っぽいのはキライなくせに、説明出来ないボヤっとしたこともキライだから
結局「言葉」として落とし込めるまでしつこく考え込むクセがあります。




結婚って憧れるとか
結婚式って素敵だねとか
2人のために最高の結婚式をプロデュースしますとか
そういった感情だけで満足していた時期はとうに過ぎて(化石時代)
それらを自分の感情で、自分の言葉で、自分の経験で「軸」として持っていたいと思っていて
それは、自分の為でもあり、共に結婚式を創り上げる新郎新婦のためでもあるんだけど、
1つ1つのチョイスが本当にベストなのかを知りたいときの答え合わせとして使えるものになっていて
だから時に理屈っぽいしつこさも役に立つもんだと感じる今日この頃です。





*******************************************************
夫婦とは、お互いの人生をより良くする責任を持ったパートナーであり
結婚式とは、2人の根っこをつくるものであり
CANOWのこだわりは、10年後も誇れる結婚式をつくること
*******************************************************





例えば、コンセプトを考えるとき
例えば、大切な2.5時間という時間の使い方に頭を悩ますとき
例えば、2人がケンカしたと相談を受けたときも
全てこの3つの軸から考えます。
そして1つの結婚式が結びを迎えたとき、あ、こういう意味だったんだって
想像もしてなかった広がりを発見することもあります。
そうか、2人はだからこれだったんだねって。





10年後も誇りに思えるように。
「10年後の2人」も変わらず大切に想う気持ちをコンセプトに。なんだけど
1つ1つの結婚式が教えてくれるのは、変わらないことが良いことなんじゃなくて
そのコンセプトそのものも、きっとこれから成長してカタチを変えていくんだということ。
そうそう、これはタネなんだと。





ちょっとやそっとで、悟ったような気になるなんておこがましい。
人は日々変化していて、忘れていくもの。
けど、2人が惹かれ合った理由や、一緒になる意味はどうか忘れないで。
そして、その2人を想ってくれる大切な友人や家族の想いも忘れないで。




って気持ちになるんです。
ウェディングを終えた日の夜、ビール飲みながら。笑