映像の可能性

2018年07月07日
写真には写真の
映像には映像の価値があって
でもちょっと、映像の可能性がすごいと思っている。

「完成しました!」と送ってもらうムービーを
「確認しまーす」という名目で一番最初に見られる特権は
毎回毎回そわそわ(わくわく)するもので
さらにそのムービーをお客様に見てもらってから反応を待つ間は
これまたそわそわ(ニヤニヤ)するもので
さらにお客様から頂いた感想をすかさずクリエーターさんにシェアするときは
もしかしたら一番興奮してるかもしれません。笑




フィードバック(感想)は受け取るべき人がちゃんと受け取ってこその価値だから
さすが!
ありがとう!
って言葉と共に、出来るだけ時差がないように「お返し」します。
(関わってくれたクリエーターさん全員にね)









最近、ムービーから画像をピックすることにはまってます。
動きがある中での表情って、たまらんね。
写真もムービーも、それぞれの価値を心から大切に思っているんだけど
最近特に、それぞれの「違い」も感じています。




CANOWはムービーを 樋口さんにお願いしています。
クオリティはもちろん、人柄も大好きだから。
そして私たちのチームワークはピカイチだと思っている。笑
樋口さんのことを少ししか知らない人(業界の人)が、
「この人の撮る映像には心を感じる」って言ってくれたことが
自分事のように嬉しかったのです*





そして今、樋口さんとコラボして新しいプロジェクトを考え中です。
(あ、許可を取らずに言っちゃったけど、いいよね?笑)
すでに2組「やりたい!」って言ってくれてるから、出来るだけ早くリリースしたい。
いそげいそげ。