スキルの証明

2017年03月08日
資格は人柄の証明にはならないけど、スキルの証明にはなります。
お客様が少しでも安心してくださるのなら、それはとっても価値のあるものです。

「資格」って、
それさえあれば「仕事がデキる人」
ってことではないんですよね。
でも、1つの「目安」にはなります。

 

 

 

 

ウェディングプランナーって、
「結婚式」という責任重大なものを扱う立場でありながら
その能力を証明する資格制度があまりきちんとしていないという
現状があります。

 

 

 

「私、信頼できる人ですよーー!」と
どれだけ自分で叫んでいても、
客観的な「証明」がないのは
お客様の立場からしたら不安なもの。

 

 

だから、取得しました。
内閣府認定資格。

 

 

 

 

「内閣府認定」って、なんかすごくないですか?(笑)
この資格は、知識はもちろんのこと
現場の実務も重要視される資格です。
つまり、適切な状況判断のもと
「結婚式を成功させる」ことが出来るスキルを持つ証。
結婚式をつくるにおいて、
「安心」も1つの重要素材です。

 

 

 

 

そうは言っても、
最終的には「人間性」。
結婚式は「人」と「人」とで創り上げるものです。
スキルも人間性も、もっともっと磨いていきます。