親って偉大だ。

結婚式にはたくさんの感情が交差するんだけど
その中でも特に、スポットライトを当てたいと思っているのが親御さんです。
ギラギラと照らしたいというよりは、しっとりと穏やかに照らしたい感覚。

夜もロクに寝られなかった赤ちゃんのときから
イヤイヤ期を迎えてお出掛けの前はいつも大変だったり
偉そうに口答えしてくるようになったり
学校生活や友達関係のことでも心配は尽きなかったり。
子育てって、簡単じゃない。
過ぎてしまえば「この子は育てやすかったのよ」って言うかもしれないけど
その真っ只中はもう、体力も精神も全てを捧げて守ってきたわけですよね。
そしてそれ以上に可愛くて可愛くて、命をかけて守りたい存在で。
心が足りなくなるくらいの想いを注いできた存在が親の手から離れていくとき、やっぱりそこには最大の敬意を払いたいなと思います。

これは私も親になって知った感情。
どんな親でも、命を与えて大きくした存在は偉大だ。



ひっそりと、挙式前に親子の時間。
親御さんの気持ちは、こんな場面で「良かった」って落ち着くこともあると思う。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 令和。どうぞよろしくね。

  2. 「ウェディングプランナーの寺子屋」開催しました。

  3. 結婚記念日。でした。

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP