言葉は時に無力だ。

とても悲しいニュースを聞いた。サラリと“なんてことないこと“みたいに話しながら涙を浮かべている彼女を見て、気付いたらギュッと手を握っていて、しばらく離せませんでした。「そっか。そっか。」って言いながら、何も気が利いたことが言えなくて一緒に泣くだけでした。あぁ、言葉は時に無力だ。

過度な優しさは嘘っぽい。

過度なケアは煩わしい。

過度な心配は傷をえぐる。

だからきっと私はもうその話には触れないし、でも忘れない。私に任されたハレの日を笑顔で結んだ時、また手を握って大きくハグしよう。言葉は時に必要ないのかもね。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 「節目」とは

  2. 3年前のディレクターさんと再会

  3. コロナを雨に例えてみた話

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP