がんばる理由がキミならいい。

「頑張る」ということがどこかマイナスに捉えられる風潮があって、自分らしく、とか、自然体、とか、ゆるーく生きる、みたいな、ちょっとチカラが抜けた感じがいいよねっていう風潮があって、でも、人生では歯を食いしばって頑張らなきゃいけないときがあって。



「好き」で始まった関係がいろんな変化を帯びていく中で、家族になって当たり前になって、時には空気みたいになって、気持ちの変化も環境の変化もあって、そりゃいつもニコニコ笑い合って甘い時間を過ごせたらいいけど、そんなわけにはいかないことは、きっとみんな知ってて。



頑張る理由は様々だけど、「この人の為になら頑張れる」という存在が1人でもいる人生は、とても豊かだなと思います。頑張る=苦労だとしても、その裏(先)にはその人が喜んでる姿があって、それを見て(下心なく)嬉しい自分がいて。そして同時に「頑張る理由がキミならいい」と言ってもらえる人生も、すごく豊かだなと思います。そんなことを、日々の打合せの中で、結婚式の中で勝手に感じて、勝手に感動しています。



ウェディングプランナーという仕事は、とても「頑張らなきゃいけない」仕事だけど、でも、頑張る理由が「ふたり」ならいい。と思ってここまできました。そんな「ふたり」にこれからも出会い続けられますように。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. ひとつの命のおしまいが教えてくれたこと。

  2. ただのミスマッチ

  3. みんなそれぞれ戦ってる

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP