相性の良さなんて、つくればいい。

言ってしまえば、幸せは誰とでも共有できる。肝心なのは「ネガティブ」を乗り越えるときに誰にそばにいて欲しいか、よね。私は出来ればひとりで乗り越えたいと思うタイプで、本当にピンチのときは「しんどい」すら言いたくないんだけど、でも近くにいてくれる人が掛けてくれる言葉は表情には救われるし、そんな時にしてもらったことは「その人の株貯金」みたいに貯まっていきます。(逆もまた然りだから嫌になる)
 
 
よく結婚式で「これからふたりには様々な困難があるでしょう」みたいな(呪いの予言みたいな)言葉があるけど、「ネガティブを共に乗り越えられる、選ばれた絆」のことを言いたいわけで、つまりふたりの絆を試されるというか、証明されるというか、漠然と「私たち相性いいよね♡」という予感が確信に変わる瞬間なんだろうね。


 
 「結婚とは」「夫婦とは」がいつも頭から離れない私も、プライベートでは右往左往することがたくさんあって、大人1人と子供2人のメンズの中で理不尽に苛立ったり悲しんだり、急にひとり旅に出ると言ったり(近場で1泊だから可愛いもんだ)、そんな事をしながら今日も「結婚とは」「夫婦とは」、「人生とは」を考えています。自分もその真っ只中のくせに何を偉そうにって、たまに思います。

私と彼の存在が、ふたつの命をつくったと思うと不思議

1つ前のブログで「人生に欠かせない大切なもの」について書いたけど、インスタのストーリーで「あなたにとっては何ですか?」の質問をしたら、いくつも素敵な答えをもらいました。どの答えも素敵だなと思いながら、それぞれの「それ」を大いに輝かせる人生を、相変わらず結婚式を通して応援したいなと思います。
 
・感情
・欲
・友達、家族
・誇りを持つこと
・好きな人、パートナー
・質の良い睡眠
 
どれも最高の答えよね。笑
結婚相手を選ぶ条件があるとすれば、相手の大切なものを尊重できる人。かな。
 
 
最近はインスタのストーリーでいろんな質問をして交流することが楽しくて。不定期開催の質問コーナー、是非参加してくださいね。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. インナーカラーとセミナーと

  2. 責任の重さ=怖い?

  3. 相性

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP