プリンターでセンチメンタル

印刷物が多い日に限って、プリンターの調子が悪くなるのはどうしてなんでしょう。電化製品には「相性」みたいなものが少なからずあると感じていて、今使ってるプリンターは100年に一度ぐらいの相性の良さを感じていたけど、「プリンタートラブルが発生しました」のメッセージを見ることが多くなって、それでも何度も蘇生してたのに。ついに。

推定年齢14歳。「プリンター界のレジェンド」の称号を与えても良いでしょうか。ところで「canon」って「CANOW」に似てるよね。

ダメ元でお店に持って行って見てもらったけど、そもそもメーカーのサポートも打ち切ってる機種(おじいちゃん)みたい。このゴールドブラウンが大好きだったし、なんか愛着があったんだよなー。

「買い換えます」って言って、新しいプリンターを選んで、カウンターで軽く説明を受けてるとき、無意識に大好きプリンターを撫でる私。「はい」「はい」って説明を聞きながら、なでなで。さすさす。愛でる。どうしてこんなに寂しかったんだろ。ちょっと前にPCを替えた時は何もだったのに。笑

こうやって色々手放しながら新たなものを手にして、結局その数は変わらないのかもね。それなら、本当に必要なものだけを抱えて生きていきたいね。っていう後味は、まさかの「プリンターとのサヨナラ」の余韻。大袈裟だろ。そんなセンチメンタルな出来事がありながらも今日は、東京にお住まいの共通点満載の女性(実家、年齢、三姉妹)と、とても刺激的なzoomミーティングが出来てほくほくしました。

ようこそーー!!CANOWの新たなメンバーです。印刷第一弾は、大好きな新郎新婦のアイテムだったから、幸先良し。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. やけくそ 結婚

  2. あっという間に1週間

  3. 結婚式の「こだわり」って結局何なのか考えてみた。

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP